nakker10's blog

ベトナムにハマった若手社会人。

【仕事メモ】見積もりのポイント

最近仕事で、社内見積会議・見積作業に携わる事が多い。

 

1年目は何がポイントか不明のまま、言われた数字を入れていた。

けど、最近になってポイントが分かってきたので、ここにメモしようと思う。

今回はQCDの観点で整理しようと思う。

 

「売り手の見積金額 = 買い手のコスト」(C)

当たり前だが、売り手の見積金額 = 買い手の支払金額である。

では、その支払金額はいかに決まるか。

それを考える上で、

「何かの商品・サービスに対して、それに見合う金額を支払う必要がある。」というビジネスの性質に着目してみよう。

支払金額に対して、モノ・サービスが見合っているか否かは、どう判断されるかが次のポイントである。

 

「売り手の提供するモノ・サービスの品質 = 買い手の要求品質」(Q)

買い手は何かを実現したくて見積を要求している。

その顧客の要求内容を顧客の要求品質という。

要求品質を達成するためのモノ・サービスを売り手は提供する必要がある。

 

売り手側はどのようにして顧客の要求品質を達成するかを考える必要がある。

そこで、必要な人員・作業・モノが明確になってくる。

 

「提供までにかかる時間 = 買い手の要求納期」(D)

上記で決まった作業にかかる時間、人員・モノの手配にかかる時間が提供までにかかる時間である。

当然、この時間の総和よりも買い手の要求納期が短かったら、納期通りに収めることはできない。

少なくとも「提供までにかかる時間 = 買い手の要求納期」かを確認することは重要である。

 

また、ここで出した作業時間に人員単価を掛けた人件費、またモノの手配にかかる金額の和が基本的な見積額になる。

 

買い手が受け取るモノ・サービスのQCD = 売り手が提供するモノ・サービスのQCD

以上のように、モノ・サービスのQCDが全て問題ない場合に、問題のない見積回答が可能となる。

 

そのため、見積もり時のチェックポイントを一般化して整理すると以下となる。

  • 顧客の要求品質を達成できるような内容になっているか?(Q)
  • 顧客の要求納期までにモノ・サービスを完成できるか?(D)
  • Q,Dから算出したコストが、顧客の予算に収まっているか?(C)

これらのチェックポイントを確認した上で、トラブルにならない見積回答をすべきだと思う。

 

 

ベトナム妻の爆買い

『中国人の次は、ベトナム人日本製品を爆買いする』

 

そんなニュースが少しずつ出るようになりました。

最初は、観光客に限った話だろうと思っていました。

ところが先日、ベトナム人の妻が歯みがき粉を爆買いしてました。

ドン・キホーテの歯みがき粉を買い占めです。

f:id:nakker10:20180518212010j:plain

爆買いされた歯みがき粉:計25個

 

なぜこんなに買ったか聞いたところ

「自分が日本にいることを友人が知り、友人から買ってほしいと頼まれた。」

「その友人は市場に店を構えており、そこでこの歯みがき粉を売りたいらしい。」

とのこと。

普通に業者を介して輸入すると関税がかかるため、

少量ならベトナム人は友人に頼んで

買ってきてもらうのが普通だそうです。

また、ベトナム人は相互扶助の性質が強いので、

親戚の友人の友人くらい離れた人からも、

お願い事をされるケースがあります。

結果、1人のベトナム人が日本で買う製品の数は膨大になります。

 

そんなベトナム人なので、下記みたいな事も起こります。

ある日妻が薬局で、美容成分配合のキャンディ(商品名:ふわりんか)を買いました。

それをfacebookで投稿。

すると、たちまち友人達から「欲しい!買ってきて」のコメントの嵐となりました。

結果、近くの薬局で同じキャンディを買い占めました。

f:id:nakker10:20180520000623j:plain

爆買いされたふわりんか:計20パック

ふわりんか販売のクラシエさん。売上に貢献させて頂きました。笑

 

こんな感じで、ベトナム人は日本経済に非常に良い影響を与えてくれそうです。

次回は何を爆買いするのでしょう、楽しみです。

 

原宿北部のカフェ The Deck Coffee & Pie

7月1日、先週見つけた原宿のカフェ「The Deck Coffee & Pie」に行ってきました。

 

thedeckcoffeeandpie.com

f:id:nakker10:20170702222233j:plain

お店の大部分は木板を使ったインテリアで飾られ、暖かい雰囲気のあるお店でした。

何よりお店の半分をしめるテラス席が雰囲気バツグンです。

また店内の一部にはソファー席もあり、非常にリラックスできます!

 

このカフェで私はタピオカグリーンティーを注文しました。

タピオカと抹茶という珍しい組合せでしたが、抹茶の渋みがなぜかタピオカとマッチしていて美味しかったです。

ここでは他にもワインなども楽しめるようです。

 

さて、このカフェに向かう途中、原宿から千駄ヶ谷方面に向かって歩いていると

その他にも良さ気なお店がいくつかありました。

以下に、ネットでも確認できたお店を載せます。

「TINK OF THINGS」1階がカフェになっています。

think-of-things.com

「Pho 321」スタイリッシュなベトナム料理店とのこと。これこそ行くべきだった!笑

http://pho321.net

「阿夫利ラーメン 原宿店」めっちゃ人が並んでいました。たべろぐの星が3.6と高評価!!

afuri.com

 

原宿から千駄ヶ谷にいたるこの通りだけでも、行きたいお店がたくさんです!

 

第一回ベトナム語検定受験報告(5級, 6級)

今日(6月25日)は朝から目白へ向かい、ベトナム語検定を受験してきました。

 

今回のベトナム語検定は、今年度より新設されたもので、

本日が記念すべき第一回目の検定です。

 

主催の日本東南アジア言語普及交流会からの事前情報で

・問題はリスニングとリーディングで構成、4択マークシート方式

・認定級は1級〜準6級(準6級が一番簡単)

・先数年は年1回の開催を予定

という事が分かっていました。

新設のため当然、対策本はありません。

 

一方、今年4月から始めた私のベトナム語の勉強状況は

ニューエクスプレスのベトナム語で独学(週3時間ほど)

・知り合いのベトナム人(大学生)による個人レッスン(週1回3時間ほど)

という状態です。

この状態で何級を合格できるのか、皆目検討がつきません。

とりあえず今回は、事前に申し込んだ5級と6級を受験しました。

 

今後、対策を練るために以下に出題内容を記載します。

【リスニング】

時間:20分

出題内容

(1)声調の聞き取り

 問題用紙に記載の単語について、適切な発音のものを選択

(2)写真の描写

 写真の内容と合致した説明を選択

(3)会話と質問(図)

 会話を聞いた後、内容の質問文に対する回答として適切な図を選択

(4)会話と質問(文)

 会話を聞いた後、内容の質問文に対する回答として適切な文章を選択

(3)、(4)は質問文が問題用紙に記載されています。また会話の概要も記載されている場合があります。

 

【リーディング】

時間:50分(5級)、40分(6級)

(1)穴埋め問題

 短文のうち括弧にあてはまる単語を選択

(2)文法間違い指摘

 短文の中に引かれた下線のうち、文法的に間違っている箇所を選択

(3)穴埋め問題(複数空白)

 短文の空白箇所に単語を埋めていき、括弧に該当する単語を選択

(4)長文読解

 長文を読み、質問文に対する回答として適切な文章を選択

 (一部、文中への穴埋め問題あり)

 

【受験した感想】

リーディングはそこそこ勉強したが、リスニングは個人レッスンとテキストのCDで少しやったのみ。

その結果、やはりリスニングはかなり厳しかったです。

一方、リーディングについて

5級はほとんど分からなかったが、

6級は自信のある回答が40%くらいはあったはず。

 

主催元の情報によると、

5級は学習時間120時間相当、

6級は60時間相当とのこと。

4月から週6時間の勉強で11週と計算すると、私の学習時間は66時間。

 

そう考えると6級は受かってて欲しい、、、!!!が結果やいかに?!

 

 P.S.

私のインタビューがVieNam Newsに掲載されました。(One candidate said...の行です)

VietNam Newsのリポーターおよびカメラマンの皆様、ありがとうございました。vietnamnews.vn

 

受験者層の想定としては

・大学の文学部でベトナム語を学ぶ学生が50%

・仕事でベトナム語が必要な社会人が30%

・趣味で語学を学ぶ大人15%

・私みたいなよくわからない理由で学ぶ人5%

くらいの想定でした。

しかし、社会人の割合が半分くらいで、予想より多かった気がします。

 

 

【ベトナム料理店1】ヴェトナム・アリス 銀座店

東京の中のベトナムを求めて。

nakker10です!

 

東京にいながら

ベトナムの雰囲気を感じたく

本日はベトナム料理店にいってきました!

 

今回訪れたのはヴェトナム・アリス」銀座店

お探しの店舗のページはありませんでした

このレストランは、マロニエゲート銀座1の11階に位置します。

「銀座というだけで高級感ありそう、そしてお高そう。。。」

と思いながら、おそるおそる入店。

f:id:nakker10:20170121212044j:plain

店内は、

ほのかに東南アジアの雰囲気を残しながら

落ち着いた感じのお店でした!

f:id:nakker10:20170121212445j:plain

今回は「カラダ目覚めるヘルシーセット」を注文しました。

 

まずはじめは「完熟パパイヤと魚介のサラダ」f:id:nakker10:20170121213143j:plain

パパイヤの甘さがサラダを包み込み絶妙なおいしさ。

ベトナムの友人に「こんな料理ベトナムにあるの?」と聞いたら

nộm hải sản(ベトナム風海鮮サラダ)なのかなぁ?」

とのこと。

 

次は春巻き三種盛り合わせ。

f:id:nakker10:20170121213756j:plain

揚げ春巻き、生春巻き、蒸し春巻き、と

ベトナムの春巻き全種類が楽しめます。

そして定番の「フォー」

f:id:nakker10:20170121214733j:plain

今回は鶏肉のフォーを選びました。

日本のフォーの麺はベトナムのそれと比べて

もちもちした食感です。

このお店では辛味スープのフォーなど

色々なフォーを提供しています。

 

最後に「マンゴープリン」と「ベトナムコーヒー」

f:id:nakker10:20170121215851j:plain

f:id:nakker10:20170121220043j:plain

ベトナムっぽいパーコレーターから滴った真っ黒なベトナムコーヒー。

豆乳と一緒にまぜると、カフェオレのような甘い味になります!

 

セットのお値段3000円!

土曜日の21:00頃に来店しましたが、

お客層としては、お友達とディナーをするおば様グループが多かったです。

 

予想よりも落ち着いた雰囲気で

味もgoodなお店でした!

ベトナム感は少ないですが

友人とゆっくりベトナム料理を楽しみたい方におすすめです!

東京の中のベトナムを求めて

東京の中のベトナムを求めて。

 

nakker10です!

昨年ベトナムの各都市を旅行し、

すっかりベトナム好きになりました。

f:id:nakker10:20161224204751j:plain

東京に戻っても月一でベトナムに行きたいくらいです。

 

しかし、

若手社会人のnakker10は

時間もなければ、金もない!

 

でもベトナムにいた頃の感覚を

感じ続けていたい!!

 

そこで!

東京にあるベトナム関連のお店を

訪れてみたいと思います!

 

訪れたお店は、

このブログで

紹介していきたいと思います!

 

簡単に思いつくのは

ベトナム料理レストラン】

まずはそこから紹介しようと思います!

 

ベトナムにいた頃に感じた

雑多な雰囲気

活気あふれる雰囲気

 

ベトナムの皆さんの

活発さ

面白さ

やさしさ

 

そんな感覚をよみがえらせる場所を

東京で探し求めて!!

いざ!!!

2016年、海外旅行にハマり、日本との違いを感じて。

海外旅行の2016年でした!!笑

 

平日は顧客のプロジェクトに忙殺され、
休日はスタバで仕事の勉強ばかり。

 

これはいかん!!!と思い、
体力度外視で土日に香港へ飛びました。

 

結果、みごとに海外旅行にハマる!!

 

GW、夏休み、冬休み、すべて海外に行きました。
なんて贅沢な若手社会人。。。笑

 

しかし、ただの海外旅行では終わらせない!!
英語をいかして現地の同年代と交流しました!

その結果、普段では考えられないほど、日本と海外の違いを感じました。

 

  • 国境なんて無関係!グローバルで生きる若者の多さ(オーストラリアで働いて、シンガポール人の彼氏がいるベトナム女性とかザラです。)
  • 複数業界の経験あり?!そんな人材ウェルカムな企業文化(金融→流通→エンタメ→現在ITというパスも至極普通。超多様性重視!)
  • いつだって転職OK!流動的な労働市場(リスクをとって失敗しても再雇用のチャンスが幾らでもある。)
  • 考えてばかりいるな!まず動け!海外企業の意思決定の速さ

 

実際に当の本人を見て、話を聞いて、
日系企業どっぷりな自分には衝撃的でした。

 

自分のいる環境が当たり前でないという。

 

日本にいれば、
知れた環境で、
知れた人生を送れる。
それはそれで平和な事だけど。

 

グローバル化した現代で
広い世界を経験しないまま
人生を終えていいのだろうか、、、と。

 

この記事を書いている今も
心は不安と期待で揺れ動いています。笑

 

という事で、意図せず自分のキャリアを考えさせられた2016年でした。

 

2017年の抱負、というより最近の自分の抱負は...
Keep learning and improving myself!