nakker10's blog

ベトナムにハマった若手社会人。

第一回ベトナム語検定受験報告(5級, 6級)

今日(6月25日)は朝から目白へ向かい、ベトナム語検定を受験してきました。

 

今回のベトナム語検定は、今年度より新設されたもので、

本日が記念すべき第一回目の検定です。

 

主催の日本東南アジア言語普及交流会からの事前情報で

・問題はリスニングとリーディングで構成、4択マークシート方式

・認定級は1級〜準6級(準6級が一番簡単)

・先数年は年1回の開催を予定

という事が分かっていました。

新設のため当然、対策本はありません。

 

一方、今年4月から始めた私のベトナム語の勉強状況は

ニューエクスプレスのベトナム語で独学(週3時間ほど)

・知り合いのベトナム人(大学生)による個人レッスン(週1回3時間ほど)

という状態です。

この状態で何級を合格できるのか、皆目検討がつきません。

とりあえず今回は、事前に申し込んだ5級と6級を受験しました。

 

今後、対策を練るために以下に出題内容を記載します。

【リスニング】

時間:20分

出題内容

(1)声調の聞き取り

 問題用紙に記載の単語について、適切な発音のものを選択

(2)写真の描写

 写真の内容と合致した説明を選択

(3)会話と質問(図)

 会話を聞いた後、内容の質問文に対する回答として適切な図を選択

(4)会話と質問(文)

 会話を聞いた後、内容の質問文に対する回答として適切な文章を選択

(3)、(4)は質問文が問題用紙に記載されています。また会話の概要も記載されている場合があります。

 

【リーディング】

時間:50分(5級)、40分(6級)

(1)穴埋め問題

 短文のうち括弧にあてはまる単語を選択

(2)文法間違い指摘

 短文の中に引かれた下線のうち、文法的に間違っている箇所を選択

(3)穴埋め問題(複数空白)

 短文の空白箇所に単語を埋めていき、括弧に該当する単語を選択

(4)長文読解

 長文を読み、質問文に対する回答として適切な文章を選択

 (一部、文中への穴埋め問題あり)

 

【受験した感想】

リーディングはそこそこ勉強したが、リスニングは個人レッスンとテキストのCDで少しやったのみ。

その結果、やはりリスニングはかなり厳しかったです。

一方、リーディングについて

5級はほとんど分からなかったが、

6級は自信のある回答が40%くらいはあったはず。

 

主催元の情報によると、

5級は学習時間120時間相当、

6級は60時間相当とのこと。

4月から週6時間の勉強で11週と計算すると、私の学習時間は66時間。

 

そう考えると6級は受かってて欲しい、、、!!!が結果やいかに?!

 

 P.S.

私のインタビューがVieNam Newsに掲載されました。(One candidate said...の行です)

VietNam Newsのリポーターおよびカメラマンの皆様、ありがとうございました。vietnamnews.vn

 

受験者層の想定としては

・大学の文学部でベトナム語を学ぶ学生が50%

・仕事でベトナム語が必要な社会人が30%

・趣味で語学を学ぶ大人15%

・私みたいなよくわからない理由で学ぶ人5%

くらいの想定でした。

しかし、社会人の割合が半分くらいで、予想より多かった気がします。